研究業績

学術賞

  1. 情報処理学会 平成15年度山下記念研究賞授賞
  2. 日本ソフトウェア科学会 2007年度論文賞授賞

学術論文誌

  1. 新田 直也, 高田 喜朗, 関 浩之: スタック検査機能を持つプログラムに対するセキュリティ検証問題の決定可能性, 電子情報通信学会論文誌(D-I), J85-D-I(4), pp.360--370, Apr 2002.
  2. 新田 直也, 高田 喜朗, 関 浩之: スタック検査機能を持つプログラムに対する効率のよいセキュリティ検証法, Vol.19, No.3, pp.20--38, May 2002.
  3. N. Nitta and H. Seki: LTL Model Checking for Extended Pushdown Systems with Regular Tree Valuations, コンピュータソフトウェア, Vol. 22, No. 3, pp. 58--75, 2005.
  4. S. Kuninobu, Y. Takata, N. Nitta and H. Seki: Policy Controlled System and Its Model Checking, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E88-D, No. 7, pp. 1685--1696, 2005.
  5. J. Wang, N. Nitta and H. Seki: An Efficient Method for Optimal Probe Deployment of Distributed IDS, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E88-D, No. 8, pp. 1948--1957, 2005.
  6. N.Nitta, I. Kume and Y. Takemura: An Extension of Object Oriented Programming for Structural Changes in System Design, 日本情報経営学会誌 情報システム設計論特集号, Vol. 28, No. 2, pp. 43--53, 2007.
  7. 新田 直也, 久野 剛司, 久米 出, 武村 泰宏: 3DゲームエンジンRadishの開発とそのアーキテクチャ比較への応用, 日本デジタルゲーム学会誌, デジタルゲーム学研究, Vol. 4, No. 1, pp. 1--12, 2010.
  8. I. Kume, M. Nakamura, N. Nitta and E. Shibayama: A Case Study of Dynamic Analysis to Locate Unexpected Side Effects Inside of Frameworks, International Journal of Software Innovation (IJSI), Vol. 3, No. 3, pp. 26--40, 2015.

国際会議論文集(査読付き)

  1. N. Nitta, Y. Takata and H. Seki: Security Verification of Programs with Stack Inspection, Proceedings of 6th ACM Symp. on Access Control Models and Technologies (ACM SACMAT 2001), pp.31--40, Chantilly, Virginia, May 2001.
  2. N. Nitta, Y. Takata and H. Seki: An Efficient Security Verification Method for Programs with Stack Inspection, Proceedings of 8th ACM Conference on Computer and Communication Security (ACM CCS-8), pp.68--77, Philadelphia, Pennsylvania, Nov 2001.
  3. Yoshiki Kinoshita, Satoshi Matsuoka, Naoya Nitta and Koichi Takahashi: Model Checking a clause of OIML R 76-1, International Conference on Advanced Mathematical and Computational Tools in Metrology (AMCTM 2003), Trino, Italy, Sep 2003.
  4. N. Nitta and H. Seki: An Extension of Pushdown System and Its Model Checking Method, Proceedings of 14th International Conference on Concurrency Theory (CONCUR 03), pp.281--295, Marseille, France, Sep 2003.
  5. I. Kume, N. Nitta and Y. Takemura: A Method for Creating Teaching Materials of Practical Object-Oriented Methods Education, Proceedings of 14th International Conference on Computers in Education (ICCE 06), pp. 75--78, Beijang, China, Dec 2006.
  6. N. Nitta, I. Kume and Y. Takemura: A Practice of Collaborative Project-Based Learning for Mutual Edification between Programming Skill and Artistic Craftsmanship, Proceedings of 39th ASEE/IEEE Frontiers in Education Conference (FIE 2009), 5 pages, San Antonio, Texas, Oct 2009.
  7. H. Tsukamoto, H. Nagumo, Y. Takemura, N. Nitta: Change of Students' Motivation in an Introductory Programming Course for Non-computing Majors, Proceedings of the IEEE 12th International Conference on Advanced Learning Technologies (ICALT), pp. 124--125, Rome, Jul 2012.
  8. H. Tsukamoto, H. Nagumo, Y. Takemura, N. Nitta: Work in progress: Analysis of the relationship between teaching contents and motivation in programming education, Proceedings of the 42th ASEE/IEEE Frontiers in Education Conference (FIE 2012), 2 pages, Seattle, Oct 2012.
  9. I. Kume, M. Nakamura, N. Nitta, E. Shibayama: A Feature Model of Framework Applications, Proceedings of the 14th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD 2013), Honolulu, pp. 511--516, Jul 2013.
  10. N. Nitta, I. Kume and Y. Takemura: A Method for Early Detection of Mismatches between Framework Architecture and Execution Scenarios, Proceedings of 20th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2013), 6 pages, Bankok, Thailand, Dec 2013.
  11. I. Kume, N. Nitta, M. Nakamura and E. Shibayama: A Dynamic Analysis Technique to Extract Symptoms That Suggest Side Effects in Framework Applications, Proceedings of the 29th ACM Symposium on Applied Computing (SAC 2014), pp. 1176--1178, Gyeongju, Korea, Mar 2014.
  12. I. Kume, M. Nakamura, N. Nitta and E. Shibayama: Toward a Dynamic Analysis technique to Locate Framework Misuses That Cause Unexpected Side Effects, Proceedings f the 15th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD 2014), Las Vegas, pp. 1--6, Jun 2014.
  13. N. Nitta, I. Kume and Y. Takemura: Identifying Mandatory Code for Framework Use via a Single Application Trace, Proceedings of 28th European Conference on Object-Oriented Programming (ECOOP 2014), pp. 593--617, Uppsala, Sweden, Oct 2014.
  14. N. Nitta and T. Matsuoka: Delta Extraction: An Abstraction Technique to Comprehend Why Two Objects Could Be Related, Proceedings of IEEE 31st International Conference on Software Maintenance and Evolution (ICSME 2015), pp. 61--70, Bremen, Germany, Oct 2015.
  15. Y. Takahashi and N. Nitta: Composite Refactoring for Decoupling Multiple Classes, Proceedings of IEEE 23rd International Conference on Software Analysis, Evolution, and Reengineering (SANER 2016), pp. 594--598, Osaka, Japan, Mar 2016.
  16. N. Nitta: A Formal Approach for Guiding Architectural Design with Data Constraints, Proceedings of 15th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science (ICIS 2016), Okayama, Japan, Jun 2016.
  17. N. Nitta: Experiences of Debugger-based Architecture Comprehension, Proceedings of 18th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD 2017), Kanazawa, Japan, Jun 2017.
  18. D. Fujioka and N. Nitta: Constraints Based Approach to Interactive Feature Location, Proceedings of IEEE 33rd International Conference on Software Maintenance and Evolution (ICSME 2017), Shanghai, China, Sep 2017.

研究発表(国内研究会等)

  1. 新田 直也, 関 浩之: ソフトウェア設計変更支援のための依存論理の提案, 電子情報通信学会技術研究報告, SS99-1, May 1999.
  2. 新田 直也, 関 浩之: 依存関係に基づく形式論理の提案とそのデータベース設計変更問題への適用, 日本ソフトウェア科学会 第16回大会論文集, D1-2, pp.37--40, Sep 1999.
  3. 伊加田 恵志, 新田 直也, 高田 喜朗, 関 浩之: スタック検査機能を持つプログラムの制御フロー解析に基づくセキュリティ検証法, 電子情報通信学会技術研究報告, ISEC2000-78, Sep 2000.
  4. N. Nitta, Y. Takata and H. Seki: Complexity of the Security Verification Problem for Programs with Stack Inspection, 日本ソフトウェア科学会 第3回プログラミングおよびプログラム言語ワークショップ論文集 (PPL2001), pp.53--60, Mar 2001.
  5. 新田 直也, 高田 喜朗, 関 浩之: スタック検査を含むプログラムに対する効率のよいセキュリティ検証法, 電子情報通信学会技術研究報告, SS2001-7, pp.9--16, May 2001.
  6. 新田 直也, 高橋 孝一: 計量器組込みソフトウェアの仕様記述および検証事例, 第4回組込みシステム技術に関するサマーワークショップ (SWEST4), Jul 2002.
  7. 新田 直也, 関 浩之: プッシュダウンシステムの拡張およびそのモデル検査法, 情報処理学会プログラミング研究会, 2003-01, Jan 2003.
  8. S. Kuninobu, Y. Takata, N. Nitta and H. Seki: A Verification Method for Distributed Policy Control, 電子情報通信学会技術研究報告, SS2002-44, Jan 2003.
  9. H. Seki, N. Nitta, Y. Takata and S. Kuninobu: Infinite State Model Checking and Its Application to Software Verification, 第2回クリティカルソフトウェアワークショップ(WOCS)予稿集, pp.20--22, Mar 2003.
  10. 王静, 新田直也, 関浩之: ネットワークの安全性を保証する分散型侵入検知システムの自動構成法, 電子情報通信学会技術研究報告, SS2003-31, Nov 2003.
  11. 王静, 新田直也, 関浩之: ネットワーク分散型侵入検知システムにおける最適なProbeの配置について, 2004年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS), pp.1035-1040, Jan 2004.
  12. 新田直也: Aliasing-PDS: オブジェクト指向プログラムのモデル検査のための新しい 計算モデル, シンポジウム「システム検証の科学技術」予稿集, pp.37-46, Feb 2004.
  13. 新田 直也, 王 静: バッファオーバーフロー静的検出のための一手法, 第1回シンポジウム「ネットワークと情報処理」論文集, 甲南大学 知的情報通信研究所, pp.46--52, Jan 2005.
  14. 新田直也: 情報隠蔽のための自動リファクタリング, 情報処理学会プログラミング研究会, Jan 2005.
  15. 新田直也, 久米出, 武村泰宏: 実規模オブジェクト指向プログラムの設計評価のための一手法, 日本産業技術教育学会, 第21回情報分科会研究発表会, Dec 2005.
  16. 新田直也, 久米出, 武村泰宏: 実規模オブジェクト指向プログラムにおける機能追加性の向上を目指した設計記法, 第2回シンポジウム「ネットワークと情報処理」論文集, 甲南大学知的情報通信研究所, pp. 69-76, Jan 2006.
  17. 新田直也: Webアプリケーションの開発プロジェクト実習事例および開発手法リポジトリ構想について, 第3回シンポジウム「ネットワークと情報処理」論文集, 甲南大学知的情報通信研究所, Dec 2006.
  18. 新田直也: 開発効率と教育効果の双方を追及した Web アプリケーション開発のプロジェクト実習事例, 第4回シンポジウム「ネットワークと情報処理」論文集, 甲南大学知的情報通信研究所, Dec 2007.
  19. 加賀洋渡, 新田直也: レイヤアーキテクチャのためのソフトウェアクラスタリング手法, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会, 2008-SE-159 (19), pp. 147--153, Mar 2008.
  20. 加賀洋渡, 新田直也: 適合率を重視したレイヤアーキテクチャの向けソフトウェアクラスタリング手法, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会, 2008-SE-162 (4), pp. 25--30, Nov 2008.
  21. 新田直也, 武村泰宏, 久米出: 3Dゲーム用アプリケーションフレームワークの開発を通したエンピリカルなソフトウェア工学教育, 第25回日本産業技術教育学会近畿支部大会, 第25回研究発表会講演論文集, pp.13--14, Dec 2008.
  22. 久野剛司, 新田直也: マーカレスARゲームの開発に向けたゲームフレームワークRadishの拡張, 情報処理学会エンターテイメントコンピューティング研究会, 2010-EC-16 (21), pp. 75-80, May 2010.
  23. 壽 浩規, 久野剛司, 新田直也: マーカありとマーカなしを組み合わせた実世界指向オンラインゲーム向けARフレームワークの構築, エンタテインメントコンピューティング2010, 6 pages, in USB memory, Oct 2010.
  24. 手塚 裕輔, 新田 直也: リアルタイムアプリケーションの開発におけるフレームワークの選択支援手法, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会, 2010-SE-170 (3), 7 pages, in USB memory, Nov 2010.
  25. 新田直也, 手塚裕輔: デルタ抽出: 実行履歴の大域的構造を効率良く把握するための抽象化手法, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会, 2011-SE-173 (7), 8 pages, in USB memory, Jul 2011.
  26. 上田雄大, 壽浩規, 新田直也, 藤井孝貴, 戸潤賢太郎, 武村泰宏: マーカレスARアルゴリズムの精度向上と一人称視点ゲームへの適用, エンタテインメントコンピューティング2011, 8 pages, in USB memory, Oct 2011.
  27. 壽浩規, 新田直也: マーカレスARゲームのための実時間三次元形状復元, エンタテインメントコンピューティング2011, 4 pages, in USB memory, Oct 2011.
  28. 山根敬史, 新田直也: デルタ抽出のための効率の良いアルゴリズムの開発と実装, 電子情報通信学会技術研究報告, SS2011-31, pp. 25-30, Oct 2011.
  29. 手塚裕輔, 新田直也: デルタ抽出を用いたアプリケーションフレームワークの利用例抽出手法, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会, 2011-SE-174 (6), 8 pages, in USB memory, Nov 2011.
  30. 上田雄大, 新田直也: 携帯情報端末に適した効率の良い自己位置推定および地図生成アルゴリズム, 情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会, 2012-CVIM-183 (10), 8 pages, in USB memory, Sep 2012.
  31. 上田雄大,新田直也,藤井孝貴,武村泰宏: 長時間トラッキングに適応したマーカレスARアルゴリズム, エンタテインメントコンピューティング2012, 8 pages, in USB memory, Sep 2012.
  32. 縄江保宏, 新田直也: フレームワークサンプルアプリケーションを利用した実行シナリオの実装支援手法, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会, 2012-SE-178 (26), 8 pages, in USB memory, Nov 2012.
  33. 山根敬史, 新田直也: デルタ抽出を用いたアプリケーションフレームワークの利用例抽出ツールの開発と評価, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会, 2012-SE-178 (27), 8 pages, in USB memory, Nov 2012.
  34. 久米 出, 新田 直也, 中村 匡秀, 柴山 悦哉: フレームワークアプリケーションに於ける副作用の兆候を抽出する動的解析手法, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会, 2013-SE-182 (4), 8 pages, Oct 2013.
  35. 松岡智大, 新田直也: デルタ抽出プラグインの実装とそのプログラム理解に対する有効性評価, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会, 2012-SE-182 (5), 8 pages, in USB memory, Oct 2013.
  36. 縄江保宏, 新田直也: フレームワークサンプルアプリケーションを利用した実行シナリオの実装支援ツールの開発, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会, 2012-SE-182 (16), 7 pages, in USB memory, Oct 2013.
  37. 小林謙太郎,新田直也: 実行シナリオに基づくレイヤアーキテクチャの評価手法, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会, 2012-SE-182 (17), 6 pages, in USB memory, Oct 2013.
  38. 久米出, 新田直也, 中村匡秀, 柴山悦哉: フレームワーク・アプリケーションに於ける予期せぬ副作用の効率的なデバッグに向けて, 電子情報通信学会技術研究報告, SS2013-80, pp. 49--54, Mar 2014.
  39. 西原優人, 新田直也,久野剛司: マーカレスARを用いた実世界指向情報共有システムの提案, ゲーム学会第12回全国大会講演論文集, pp. 5--6, Mar 2014.
  40. 安田開, 新田直也: 高速かつ安定な剛体シミュレーションアルゴリズム, ゲーム学会第12回全国大会講演論文集, pp. 15-18, Mar 2014.
  41. 森岡友樹, 新田直也: 影響波及を考慮したフレームワークアプリケーションのプログラム修復支援手法, 情報処理学会研究報告: ソフトウェア工学, 2014-SE-186 (16), pp. 1--7, Nov 2014.
  42. 高橋祐介, 新田直也: 複数クラスを横断する情報隠蔽を実現するリファクタリングフレームワーク, 情報処理学会研究報告: ソフトウェア工学, 2014-SE-186 (18), pp. 1--6, Nov 2014.
  43. 小林謙太郎, 新田直也: データが動的に連動するソフトウェアの設計指針導出手法, 情報処理学会研究報告: ソフトウェア工学, 2014-SE-187 (28), pp. 1--8, Mar 2015.
  44. 森岡友樹, 新田直也: 影響波及を考慮したフレームワークアプリケーションの障害位置特定手法, 情報処理学会研究報告: ソフトウェア工学, 2015-SE-190 (5), pp. 1--6, Dec 2015.
  45. 藤岡大樹, 新田直也: オブジェクト指向プログラムの性質に基づく対話的機能抽出手法の提案, 情報処理学会研究報告: ソフトウェア工学, 2015-SE-194 (2), pp. 1--8, Nov 2016.

テクニカルレポート, 紀要

  1. N. Nitta, S. Ikada, Y. Takata and H. Seki: Decidability and Complexity of the Security Verification Problem for Programs with Stack Inspection, Technical Report NAIST-IS-TR2001003, Nara Institute of Science and Technology, 2001, ps file.
  2. N. Nitta and H. Seki: An Extension of Pushdown System and Its Model Checking Method, Technical Report NAIST-IS-TR2003007, Nara Institute of Science and Technology, June 2003, ps file.
  3. I. Kume, N. Nitta and Y. Takemura: An Experiment to Explore Practical Training for Object-Oriented Design Novices, Technical Report NAIST-IS-TR2007009, Nara Institute of Science and Technology, 2007, ps file.
  4. 新田直也, 久米出, 武村泰宏: エンピリカルなソフトウェア工学教育を目的とした3Dゲーム用アプリケーションフレームワークの開発, 甲南大学紀要 知能情報学部編, 1(2), pp. 181--195, 2008.
  5. 新田直也, 久野剛司: 3Dゲーム開発プロジェクト演習の実践とその評価, 甲南大学紀要 知能情報学部編, 2(2), pp. 225--232, 2009.
  6. 新田直也: プログラム解析技術を用いた大規模ソフトウェアの開発作業支援の試み, 甲南大学紀要 知能情報学部編, 6(2), pp. 199--210, 2013.
  7. 高橋 祐介, 新田 直也: 複数クラスを横断する情報隠蔽のためのリファクタリングフレームワークの適用事例, 甲南大学紀要知能情報学編, 7(2), pp. 153--171, 2014.
  8. 森岡友樹, 新田直也: フレームワークアプリケーションを対象としたプログラム修復支援手法の適用事例, 甲南大学紀要知能情報学編, 7(2), pp. 173--190, 2014.

特許

  1. 情報隠蔽装置、情報隠蔽方法、情報隠蔽プログラム、およびコンピュータ読み取り可能な記録媒体, 新田 直也, 特願 2005-12133 (平成 17 年 1 月 19 日 出願).